…と思ったらHDD帰ってきた

昨日、HDD帰ってこねぇヽ(`д´)ノって書いたばかりだけど、昼過ぎに起きたら交換品のHDDが届いていましたw
今日は家に引き篭もってぐーたら過ごす予定だったけどそんな場合じゃねぇってわけで大学へと向かう
# ノートPCもバックアップデータもUSB<->ATAケーブルやFDDなんかも全部置いてきたので

まずは帰ってきたHDDが正常なもんか調べるために日立HDDのユーティリティー「DFT」でチェック。
正常だったのでバックアップを置いてあるサーバーにHDDを接続して、マウント。
さて、バックアップデータはfiles.tgzみたいな感じになってるけどそーいやtarコマンドで保存先を指定するのってどうだっけ?
普段は $ tar xvzf hoge.tgz などと呪文のように指定するだけだ。オプションの意味なんて考えてもいないw
# それどころか今では専らunpばっか使ってるし..
調べてみると、 $ tar xvzf hoge.tgz -C /mnt/rescue みたいに-Cオプションを付けりゃ良いのだそうで。
そんな感じで展開が完了したら早速起動…ってなわけには行かない。
最低限fstabを編集しないとならん。
数年前からUUIDで指定されているので厄介だ。とりあえずrootは/dev/sda3とか書いてやる。
# なんでUUIDなんだろうかねぇ?トラブル起きたら面倒だと思うんだけど…
# 知ってたら教えてエロい人

で、起動。
boot managerを入れてないのでFDDからgrubを呼び出してやった。
オプションを適当に指定したら起動した。
でも/devとか/sysとかはバックアップを取ってなかったもんだからそこら辺で無視できるレベルのエラーを吐いていた。
/devはともかく/sysって取っておいた方が良かったんかね?
バックアップに関するwebページとか読んだら必要ない的なこと書いてあったけどなぁ…

まぁ、そんなわけでboot messageに気になる点はあるものの、とりあえずは元に戻った。
HDDのUUID調べて/etc以下のファイルを根こそ新旧入れ替えしたりgrub/menu.lstを書き換えてgurb入れた。おわり。

QR Code Business Card